女性に快適な装備がついたオススメの国産車は?

国産車には性能がよくて、機能も充実したモデルが数多く販売されています。なかでも、女性からみて快適な装備がついた車も多く揃っています。

国産車についている装備にはいろいろなものがあります。運転を楽にしてくれるもの、車内を快適にしてくれるもの、外観を女性好みにしてくれるものなど様々ですが、ドライビングを楽にしてくれるような装備があると女性としては助かりますよね。

車の運転に苦手意識がある女性は多いので、運転が楽になれば、いままで以上にドライブするのが楽しくなるかもしれません。

国産車に限った機能ではありませんが、前方を走る車を追従して、アクセルを踏まずとも、自動でスピードを調節しながら走ってくれるシステムが搭載されている車があります。すごいのは同じレーンに沿って走っていくのであればハンドル操作すら要らないところです。

一般道では、交差点がたくさんありますし、当然信号で停止が必要です。目的地に到達するには右折や左折も必要だし、レーンチェンジも不可欠です。そのため一般道では難しいものの、走っているレーンを長い間進んで行きさえすれば良いような高速道路を走る場合は、とても重宝します。まさに自動運転と呼べるようなかんたんなドライブが実現します。

こういった高度な技術はこれまで高級車と呼ばれる車にしか装備されていませんでしたが、国産メーカーではほぼすべての車種にこうした機能が標準もしくはオプションで選択できるようになっています。最近はこうした安全装備が飛躍的に進歩しています。自動運転の研究が世界中で進んでいますが、その過程で開発された技術がすこしづつ量産車にフィードバックされている形です。

その他では、衝突などを自動で未然に防ぐブレーキレーダーサポートやアイストップといった装備もあり、車の安全性は高まっています。最近高齢者によるドライビングミスによる事故のニュースをよく耳にしますが、こうした機能があれば、運転に不慣れな人による不幸な事故も減っていくと思います。

人工知能を使った自動運転の是非についてはいろいろ議論もあるのだと思いますが、新しい技術がこういった形で人間の運転をサポートして、安全性を高めてくれるのであれば大歓迎です。

最近の新しいクルマはこうした装備が充実していますので、運転に自信のない人は、安全性の高い装備をもった国産車に乗り換えるのもいいですね。

女性も嬉しい、音が静かなオススメ国産車

車はエンジン音がしてうるさいもの、という固定概念があります。男の感覚からすれば、内燃機関を動力にして動く機械なんだから仕方ないし、タイヤの音だって軽減はできるかもしれないけどゼロにはできない。そんな風にどこかうるさいことを肯定してしまっているかもしれません。

ですが、機械的な仕組みに興味のない女性からするとそんなことは関係ありません。なぜもっと静かで快適な車はないのか?と常に思っています。

では女性の期待に応えられるような静粛性の高いクルマってあるんでしょうか?

まず車の騒音の第一の発信源である車のエンジン。これまでのエンジンはガソリンを燃焼(爆発)させて走行するために、エンジンから大きいサウンドが出るのが通常です。これが男にとっては心地よいサウンドでも、女性にとってはただのノイズだったりします。

ですが、最近どんどん普及が進んでいるハイブリットカーやPHVなどは、エンジンとモーターの双方を動力として駆動します。エンジンが動いている時はこれまでと同じ音がしますが、モーターだけを動力にして走っている時はほとんど音がしません。ほぼ無音といって良いくらいです。

走行中の車内では、いままでの車と比べればほとんど音がしないと言っても過言ではないくらいなので、ドライブをとても快適に楽しめるようになります。PHV、EVも原理は同じですからほぼ無音と言える状態です。EV(電気自動車)になるとエンジンを積んですらいないので、常にモーターだけで駆動します。それなら静かになるわけです。

走行中の第二の騒音源はタイヤからのロードノイズですが、これは静音性の高いタイヤに交換するとずいぶんと軽減されます。また溝が摩耗したタイヤは、普通のタイヤよりも騒音が大きくなるので、タイヤの減り具合を日頃からチェックするようにすると良いですね。

車が静かになるにつれ、快適な車内で高品質な音楽を楽しめる装備も充実しています。車でハイレゾはやり過ぎかもしれませんが、それくらいいまの車の静粛性は高まっています。

不要な音を抑えて、心地よい音楽をよりクリアするような車や装備を選んで、奥さんや彼女の得点を稼いでみてはどうでしょうか?