中古車オークションを利用する注意点

ヤフオクやメルカリなど、ネット上のオークションで個人売買をしたことがある人は多いと思います。なかなかお店では見つからないちょっとレアな商品がみつかるのが魅力の一つですが、やっぱりいちばんのメリットは、中間業者が介在しないので、安く買える(高く売れる)ということでしょう。

では車の場合はどうでしょうか?

ヤフオクでも車が出品されていますが、個人オーナーだと車のコンディションが心配になるし、業者が出品していると安くない、ということでなかなか難しい面もあります。

そんな中で、歴史ある中古車オークションに関心を持っている人もいると思います。プロの査定士がしっかり検査をした結果がつきますので、程度を客観的に評価しながら売買をすることができます。

中古車オークションを利用する最大のメリットは、中古車の販売店や買取店などの中間マージンをなくすことで安く買ったり、高く売ったりできることですが、注意しておきたい点もいくつかあるのでご紹介します。

まず費用がかかること。私達のような一般人は、直接オークションに参加することができません。通常オークション代行業者を通して参加することになりますので、3万円ほどの代行料が必要になります。

また、車を売りたい場合は、オークションに車を「出品する」ことになるので、出品料をオークション会場に支払います。これが約1万円です。なお出品料はもし出品した車が落札されなかい場合でも返金されません。

車を売る場合は、オークション会場に車を持ち込む必要があるため、陸送費と呼ばれる車の輸送費用がかかってきます。この費用は距離によって金額が変わりますので、自宅とオークション会場の距離によって金額が変化します。

車を安く買えるとか、高く売れるなどとメリットが強調されることが多い中古車オークションですが、いろいろ費用が掛かったり、売れない・買えないというリスクもあることを覚えておいたほうが良いでしょう。

こうしたリスクを知った上で賢く使えれば、オークションによるメリットもしっかりと受けることができるでしょう。